よくある質問

研磨ビーズを正しく使用するにはどうすればいいですか?

Category:よくある質問 Hits:134 Time:2022-04-22

上記では、適切な研磨ビーズをどのように選択するかについて述べたが、研磨ビーズを選択した後、どのように正しく使用し、研磨ビーズの破砕を避け、研磨媒体とサンドミルコンタクトの寿命をできるだけ延長するかは、今期私たちが共同で検討した問題である。
一、ビーズの発生の原因:市場で流行しているガラスビーズ、珪酸バリウムビーズと純バリウムビーズは、生産プロセスにとって、基本的に電気溶融法と焼結法の2種類である。ビーズは熱い空気、冷たい空気または電解液の中で成形され、ある関健技術パラメータがうまく制御されていないと、1、気泡ビーズ2、雪だるまビーズ3、尻尾ビーズ4、扁平(楕円)ビーズ以上のビーズは応力集中領域があるため、研磨中に破砕しやすいため、ビーズを選択する際には、このようなビーズをできるだけ避けるべきである。
二、ビーズの正常な摩耗と破砕の判断:通常の情況の下で、しばらく働く研磨ビーズは小さくなって、表面は円滑で角を持たないで、これは正常なビーズの摩耗であるべきです;逆に、ビーズの中に角があり、片状の異形のビーズが現れた場合、これは砕けたビーズを生んだはずだ。
三、砕珠の発生原因:ビーズ自体にとって、ビーズの品質の問題である一方で、あるいはこの材料のビーズ強度はある型番の砂研削機に勝ることができない。スイスのDyno-mill ECM横型サンドミルやドイツDraisのDCP縦型サンドミルのように、入力エネルギー密度が高いため、純ジルコニウムビーズの使用が一般的に推奨されている。また、研磨ビーズは、サンドミルが正常に動作する場合、約1 kgの圧力を受けるため、ガラスビーズが約5000 kgの力とケイ酸ジルコニウムビーズ9000 kgに耐えられることに対して、研磨ビーズのサンドミルでの受け力は微々たるものであるため、粉砕ビーズの原因は設備上とプロセス上に集中し、相応の解決策を講じるべきである。
四、ビーズの解決方法:
A.設備面1.分散ディスク:分散ディスクの取り付けが逆、ゆるんだり、破損したりします。2.分離装置:ダイナミックスクリーンに切り欠きがあり、スクリーンが破損している。3.フィードポンプ:ギアポンプが突然停止した後、サンドミル内の圧力でビーズをポンプ内に反圧する。ワンウェイバルブを装着することで、フィードポンプを定期的に洗浄することをできるだけ避けることができます。4.内シリンダー:内シリンダーに欠陥点がある。
B.生産操作方面:1.大小のビーズを混合して使用する:この場合、研磨効率が向上する兆しが現れ始めたが、研磨時間が長くなるにつれて、ビーズがビーズを研磨する場合が発生し、最後にビーズの変形が加速して破砕する。解決策は粒径が均一なビーズをできるだけ使うことです。2.異なるブランドのビーズの混合使用:各種のビーズの硬度、密度などが一致しないため、硬いビーズが柔らかいビーズを食べる状況が発生しやすいため、このような形式を根絶すべきである。3.スラリーの粘度が過疎または過凋:一定密度の研磨ビーズに対して、ビーズの堆積およびサンドミルの摩耗部材に直接接触しやすく、ビーズの摩耗および破砕を加速させる。4.材料の流量が速すぎる:これにより、ビーズが材料の出口に溜まり、ここのビーズとサンドミル部品の摩耗が加速する。解決策は、まず間欠起動法を用いて、積層研磨ビーズを緩め、均一に再分布し、材料の流量を調節することである。もちろん、研磨ビーズの摩耗や破砕には他にも原因がありますので、柏励司社と幅広く交流してください。

ニュース
ニュース
連絡先
    湖北しこて(斯科特)科技有限会社

    担当者:王威峰
    携帯電話:139 2572 2485
    スタンド:(0769)3867 7360
    メールアドレス:L13925722485@163.com
    WeChat:13925722485
    ウェブサイト:www.siketekj.com
    住所:広東省東莞市松山湖園区研究開発五路2号4棟