企業の動向

釉薬の中の珪酸バリウムの作用?

Category:企業の動向 Hits:134 Time:2022-04-22
1、ケイ酸ジルコニウムは毒がなく、味がない白色または灰白色の粉末であり、原材料は自然高純度のジルコニウム英砂精鉱であり、その後、超細粉砕、鉄除去、チタン加工、外観改質処置などの技術を経て加工され、品質がよく、安価なセラミック釉薬乳濁剤、増白剤、浸透防止剤、安定剤である。
2、珪酸バリウムは各種建築陶磁器、衛生陶磁器、日用陶磁器、一級工芸品陶磁器などの生産に広く用いられ、その中で陶磁器釉薬の加工生産において、広く使用され、応用量が大きい。ケイ酸バリウムの化学安定性が比較的よいため、セラミック焼成雰囲気の影響を受けず、セラミックのブランク釉薬結合性能を改善し、セラミック釉薬面硬度を向上させることができる。
3、ケイ酸ジルコニウムはセラミック釉薬において増白作用を果たすこともできる。ケイ酸ジルコニウムはセラミック焼成後に斜ジルコニウム石などを構成するため、入射光波に対して散乱を構成し、乳濁、増白の作用を達成することができる。
4、このような散乱は一般的に大粒子散乱またはミスター散乱と呼ばれ、高性能ケイ酸ジルコニウムのd 50値を1.4 um以下、d 90を4.0 um以下に制御すると、良好な乳濁増白作用が生じる。
5、ケイ酸ジルコニウムの増白作用をより良くするためには、集中した粒径範囲が重要であるため、ケイ酸ジルコニウムの研磨過程において、できるだけ粒子の狭い分布を行うべきである。
6、ケイ酸バリウムはテレビ業界のカラー現像管、ガラス業界の乳化ガラス、エナメル釉薬の生産にもよく使われている。酸ジルコニウムは融点が高く、約2500°Cであるため、耐火材料、ガラス窯炉ジルコニウム打抜き材、注ぎ込み材、スプレー塗料にも広く用いられている。
ニュース
ニュース
連絡先
    湖北しこて(斯科特)科技有限会社

    担当者:王威峰
    携帯電話:139 2572 2485
    スタンド:(0769)3867 7360
    メールアドレス:L13925722485@163.com
    WeChat:13925722485
    ウェブサイト:www.siketekj.com
    住所:広東省東莞市松山湖園区研究開発五路2号4棟