業界ニュース

適切なガラスビーズ、ジルコニウムビーズ、または他の研磨媒体をどのように選択しますか?

Category:業界ニュース Hits:116 Time:2022-04-22

材料の細さの要求がますます高くなるにつれて、サンドミルの使用もますます普遍的になって、市場の研磨媒体も比較的に多くて、どのように1種の比較的に自分の生産技術と条件に適した研磨媒体を選ぶかは、1件の比較的に肝心で気を使うことです。以下、以下のいくつかの方面について簡単な分析をします。
一、化学組成
研磨媒体は、材料によってガラスビーズ、セラミックビーズ(ケイ酸バリウムビーズ、ジルコニアビーズ、アルミナビーズ、希土類金属安定化ジルコニアビーズなどを含む)、鋼ビーズなどに分けられる。化学組成及び製造プロセスの違いにより研磨ビーズの結晶構造が決定され、緻密な結晶構造はビーズの高強度、高耐摩耗性、低吸油インクなどを保証する。各種成分のパーセンテージ含有量の違いは研磨ビーズの比重を決定し、高比重は研磨の効率を保証した。研磨ビーズの化学組成は、研磨過程における自然摩耗がスラリーの性能に一定の影響を及ぼすため、低摩耗率を考慮するほか、忌避する化学元素も考慮すべき要素である。例えば、テープ粉末やその他の電子部品のスラリーを研磨する場合、金属Fe、Cuなどの元素は避けなければならない。Fe 2 O 3やCuSO 4などの成分を含む研磨ビーズは選択の列にないため、ジルコニウムビーズを選択することはこの業界の一般的な選択であることが多い。例えば、研磨農薬、医薬、生化学の面では、重金属は遠慮元素であり、PbOは最もよく見られる成分である。要するに、ビーズの化学組成によって決定されるいくつかの物理的性質(硬度、密度、耐摩耗性)と、それ自体の摩耗によるスラリーの汚染状況は、研磨媒体の選択に考慮される要因である。
二、物理性能:
1.研磨ビーズの密度は、通常の文書において比重(真比重)と散重(偽比重)で表され、種々の酸化物の分子量とパーセンテージ組成が研磨の密度を決定し、一般的な研磨の密度を表1に示す。表1型ガラスビーズケイ酸ジルコニウムビーズ純ジルコニウムビーズアルミナビーズ鋼ビーズ希土類ジルコニウムビーズ比重2.5 4.35.5 5.7 7.8 6.1散重1.5 2.5 3.23.44.3.7通常の場合、比重が大きい研磨ビーズほど、ストロークが大きくなり、研磨効率が高くなる一方、サンドミルのコンタクト(内シリンダ、分散盤など)への摩耗が比較的大きいため、スラリーの粘度と流量の配合が重要となる。低密度研磨ビーズは低粘度のスラリーに適し、高密度の研磨ビーズは高粘度のスラリーに適している。
2.研磨ビーズの硬さ
Mohs硬度(Mohs)はよく用いられる指標であり,硬度の大きい研磨ビーズほどビーズの摩耗率は理論的に低い。研磨ビーズのサンドミルへの接触子(分散ディスク、ロッドピン、インナーシリンダなど)の摩耗状況から、硬度の大きい研磨ビーズの接触子への摩耗性は大きいが、ビーズの充填量、スラリーの粘度、流量などのパラメータを調整することで最適化点を達成することができる。
研磨ビーズの粒径研磨ビーズの大きさは研磨ビーズと材料の接触点の多少を決定し、粒径の小さいビーズが同じ容積で接触点が多ければ多いほど、理論的に研磨効率も高くなる。一方、初回試験粒子の比較的大きな材料を研磨する場合、例えば100ミクロンのスラリーに対して、D=1 mmのビーズが必ずしも好ましくないのは、小ビーズのストロークが分散したエネルギーを十分に研磨できないためであり、この場合、粒径の大きいビーズを採用すべきである。備考:この文章は『南方塗装』2001年第4期に発表された。