業界ニュース

珪酸バリウムは生地の中でどれらの応用がありますか?

Category:業界ニュース Hits:125 Time:2022-04-22
ケイ酸ジルコニウムは高融点、化学及び相を有する複合酸化物資料であり、耐火資料とジルコニウム基顔料に広く用いられ、一緒に焼結したケイ酸ジルコニウムの優れた抗も高温配置の重要な候補資料であるが、自然界に存在するケイ酸ジルコニウムは通常不純物に富み、天然ケイ酸ジルコニウムは高温環境に応用する際に分化し、その優れた機能を失う。従って、高純ケイ酸バリウムを人工的に構成することは、この疑問を処理する有効な方法である。そのために。科学研究者は多くの湿化学組成ケイ酸バリウムの方法を検討し、その間、ゾル一ゲル法は調製した粉体の純度が高く、均一性がよく、高度に均一な資料を製造することができ、組成温度が伝統的な方法に必要な温度より低いため、重視されている。例えば、水解ゾル一ゲル法を選択し、リチウムイオン化合物を添加する。
熱処理後にケイ酸バリウム圏を構成した。ケイ酸バリウムは加水分解ゾル一ゲル法を用いて他の添加剤を導入しなかった場合、1990年代、国外の科学研究者は非加水分解ゾル一ゲル技能四を提案し、非加水分解ゾル一ゲルプロセスは生成しない場合、金属ハロゲン化物と酸素供給作用のアルキル酸化物を用いて反響し、親核代替反響を経て直接縮合して金属ブリッジ酸素結合を構成した。現在、この方法は多くの複合酸化物への応用に成功しているが、鉱化剤を添加していないため、前駆物質のためにケイ酸バリウムを構成する方法を選択すると、組成温度が高くなる。そのため、我々は鉱化剤UFを導入して組成温度を下げる、すなわち非加水分解ゾル一ゲル法を選択し、工業純無水四塩化ジルコニウム、正珪酸エチルを前駆体とし、アルカリ金属ハロゲン化物またはアルカリ土類金属ハロゲン化物を鉱化剤とし、前期の検討に基づき、製造技術が珪酸ジルコニウムの組成に及ぼす影響を体系的に検討した。
低品質の素材を用いるため、各セラミック工場は通常、ブランクに2〜3%のケイ酸バリウムを添加してブランクの白度を添加するが、これによりブランクの放射性をオーバー分岐させることができる。各陶磁器工場の反応の情報によると、研磨煉瓦に3%の豪砂を添加して製造したこの種類の煉瓦の放射性は超過せず、A種類の規範に達することができる。これを基準として計算すると、ブランク中の基準放射性含有量は約A類規範、すなわちブランクは、ケイ酸ジルコニウムを添加していない場合に配合物自体の放射性が適切に高くなり、3%のケイ酸ジルコニウムを添加すると、放射性の量から質への変化が完了する。以上のデータから,筆者らは種々のジルコニウム英砂を計算してこの計算結果を参考値にしたが,ブランク自体の放射性の違いによるデータの変化は正常であった。この計算結果は、試験サンプルの放射性成果に基づいて計算される。各地のジルコニウム英砂鉱産地の変異による放射性動揺は含まれていない。