業界ニュース

ジルコニアボールにはどんな種類がありますか?

Category:業界ニュース Hits:114 Time:2022-04-22
ジルコニアボールを作る流れは私たちがスープを作るようなものなので、小麦粉自体に水を加えると接着性があり、直接団子になることができますが、砂の塊であれば、いくらこすっても形を作ることはできませんが、泥を入れると形を出すことができますが、主な役割を果たすのは「砂」なので、どのように泥の割合をコントロールするかが最も重要で、性能に影響を与え、ボールに影響を与えることが少なくなります。
1、イットリウム安定化ジルコニアビーズ
また95酸化ジルコニウムビーズとも呼ばれ、業界内の試験を経て、5%の酸化ジルコニウムを安定剤とし、安定剤は酸化ジルコニウムの成形を補助し、酸化ジルコニウムの含有量はできるだけ高くなければならない。このように性能はもっと強く、最後に95%の酸化ジルコニウム含有量ができることを発見した。残りの5%は安定した材料であり、焼結後、性能は他のタイプのジルコニウムビーズよりも優れていることが分かった。摩耗、スライス、硬度、靭性にかかわらず、要求に合っている。そして優越。
2、セリウム安定化ジルコニアビーズ
これは酸化セリウムを安定剤とする酸化セリウムビーズであり、密度が高く、紙研磨、化学品、農薬、燃料などの高粘度の材料の研磨に広く用いられている。